読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日学んだこと

読書感想文とか、勉強した内容とか

kindleで洋書を使った英語学習:便利機能を駆使する

前回の記事がプチヒットした為、諸々の便利機能、もっと言うとkindleが英語学習における最強ツールであることを紹介しようと思います。

前回の記事

英語学習が捗るkindle Word Wiseの紹介 - 今日学んだこと

 最強の理由その1:辞書に英辞郎が使える

これが一番大きいメリット。英語で文章を読む際、当然ながらわからない単語は辞書を引きます。

kindleには内臓辞書があるんですが、それを別の辞書に変更することができるんですよ!この機能で、なんと英辞郎を利用することができます。

f:id:nakazye:20150113210329j:plain

最近のKindleであれば、タッチパネルになってるので、わからない単語があればタップするだけ。難しい単語でも上記の通り意味も出れば発音記号も出てくれます。

英辞郎は別売りなんですが、kindleで英語学習するのであれば、これを買わないなんて価値半減です。

 最強の理由その2:辞書引いた単語が自動的に単語帳へ

先ほど紹介した辞書機能。こちらを使うと自動的にKindle内臓の単語帳に登録されます。

f:id:nakazye:20150113210723j:plain

調べた単語を記憶してくれてくれるだけでなく、その時の文章も記憶していてくれるので、用例も一緒に再確認できるのがすごい!

f:id:nakazye:20150113210929j:plain

そして、下にフラッシュカードと表示されている通り、フラッシュカード機能まで搭載してる!

f:id:nakazye:20150113211024j:plain

一時期パソコンでこういったフローを作ろうと躍起になってましたが、基本機能として搭載されている時代。いい時代になりました。

なお、この単語帳機能。残念ながらこのモノクロkindleでしか利用できず、iOS等のkindleでは利用できません・・・。

ただ、この機能の為だけにも買う価値はあると思ってます。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

 

最強の理由その3:英語を読み上げてくれる!

こちら、日本語対応版未発売のKindle keyboardでは対応してたんですけど、最近のkindleでは削られてしまった機能になります。kindle keyboardが利用出来るのがベストなんですけど、iOSでも利用が可能です。

説明用

なお、読み上げスピードは調整可能です。動画にしてみましたがこんな感じ。

iOSで読み上げさせて、専用デバイスのkindleで文字追いつつ単語調べつつというのが良いかと思われます。

最強の理由4:Word Wise

 こちら、前回説明したやつですね

英語学習が捗るkindle Word Wiseの紹介 - 今日学んだこと

最強の理由5:洋書が豊富

USのアマゾンで買えるkindle本はほとんど買えます。ごく稀に、買えないものもありますが、僕のケースではnotebookだけです(前回の記事で紹介した本。しかも、その後買える様になった)。

勉強って、つまらないのは嫌じゃないですか。興味ある本で楽しみながら勉強した方が、絶対に身につくってもんですよ!

 

いかがでしょう?kindle欲しくなってきません?

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

 

お勧め本の紹介をさっきまでこの下に入れてたのですが、前回の記事と全く同じお勧め内容だったので、くどいかなと思い消しました。

どんな本読もう、と悩まれる方は、前回の記事を参考にしてみてください。

英語学習が捗るkindle Word Wiseの紹介 - 今日学んだこと

 

繰り返しですが、勉強ってできるだけ楽しみながらやった方がいいと思うんですよ。

みなさんも、楽しめそうな本で勉強してみるのはいかがでしょうか?