読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日学んだこと

読書感想文とか、勉強した内容とか

英語学習が捗るkindle Word Wiseの紹介とお勧めの洋書

少し前に導入されたkindleの新機能、Word Wise。難しい英語に注釈をつけてくれる機能です。

どんなもんかなーと思い、ちょっと試してみました。

kindle Paperwhiteによる実際の表示

f:id:nakazye:20150110210725j:plain

 

最大限に表示する設定でこんな感じです。

ratioやarrestあたりも注釈あっていいんじゃないかなーと思いつつも、思ってた以上に注釈をつけてくれてます。

こちら、Holesという、英語初学者向けによくお勧めされる本なんですが、どんな単語に注釈がついているのか紹介してみようと思います。

Holes

Holes

 

 Max表示で注釈のつく単語例

  • wasteland
  • dyied up(熟語にも対応!)
  • daytime
  • hover
  • oak
  • hammock
  • cabin
  • belong
  • bother
  • handcuffe
  • stationery
  • hay
  • nowher
  • pretend

等々・・・。daytimeとかbelong、stationeryなど、こんな単語まで!?というのが注釈付きます。

僕みたいな初学者レベルでも、これならストレス少なく洋書を読むことができます。

 

Word Wiseに対応している書籍

この機能なんですが、残念なことに、対応している洋書でないと機能しません。

Kindle洋書 : Word Wise 対応

といっても、30万件も対応している本があるみたいなんで、興味がある本を探すのは難しくないのかなと思ってます。

 

 Holes

先ほども紹介した本。難しい単語が少なく、初学者向け。ただ、最初の方の「うちの一家にかかっている呪いがあってな・・・」といった部分が、独特な言い回しが多くめげやすい。その数ページを超えるとあとは割とサクサク読める。

Holes

Holes

 
 Steve Jobs

日本だと2冊分割で結構な出費になるけど、洋書で買うと1冊で済むからお得な本。

MacやJobsが好きなら是非。僕は好きかと聞かれると・・・そこは好みですよね。

Steve Jobs

Steve Jobs

 
 The 7 Habits of Highly Effective People

7つの習慣。昨年あたりに漫画化されて話題になりましたっけ。こちらはその新版です。残念なことに、旧版というかオリジナル版は、word wiseに対応していません。僕が持ってるのは旧版の方なので、買い直すか悩んでおります・・・。

それなりに難しい言い回し、単語が多いので、word wiseの機能がフル活用されるのではないでしょうか。

・・・やっぱり新版欲しくなってきたな・・・

 The Notebook

邦題だと、君に読む物語。お勧めしておいてなんですが、まだ読んでません。というか今買いました。

なんの陰謀か不明ですが、ずっと日本だと買えなかったんですよこの本。それが、今日見てみたらなんと買えるようになってる!!また買えなくなるとも限らないので、興味あれば早めに買っておく事をお勧めします。

The Notebook (English Edition)

The Notebook (English Edition)

 
wasteland

邦題だと、ひかりのあめ。詩的な感じの本です。

word wiseに対応はしていますが、ページ中に注釈がつく数は少ない感じです。1ページ目なんて1つもつかない。

We keep burning in the brown smog pit.
The girls swarm in their black moth dresses.
Their scalps are shaved like concentration camp ladies.
Rats click my head.Everything broken.

 こんな書き出しで始まります。

Wasteland

Wasteland

 
 Getting Things Done

僕のブログでも紹介しているGTD本の英語版。興味ある人はすでに日本語版を持っていると思うので、読み比べると分かりやすいかもしれない(結構意訳や構成変更多いです)

ただ、この本word wise対応と謳われてるんですが、僕の環境だと有効にならないんですよ。なんでだろ・・・

Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity

Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity

 
 The Hunger Games

映画にもなったハンガーゲーム。物語の中では比較的読みやすいと言われています。

ただ、僕は最初挫折し、和訳版を読んでやっと英語版で完走しました。

物語にハマれば先が気になってモチベーション高く読めると思うので、そういうのが好きな人には特にお勧めです。

 

The Hunger Games (Hunger Games Trilogy, Book 1)

The Hunger Games (Hunger Games Trilogy, Book 1)

 
 SWITCH

邦題もまんまでスイッチ!です。いわゆるビジネス書とか自己啓発書の部類に入る本で、どうやって行動を起こすか と言った感じの本。

何と言っても読みやすい。難しい言葉も少ない。僕が洋書で初めて完走した本がコレだったと思います。

物語系よりビジネス書を読みたい人で、英語初学者の方にお勧めです。 

Switch: How to Change Things When Change Is Hard

Switch: How to Change Things When Change Is Hard

 
The Pellican Brief

 ペリカン文書。映画観たことがある人も多いのではないでしょうか。

本については、映画を見てないとちょっとキツイかもしれません。僕の場合は、最初の群衆が押し寄せてるシーンのやりとりが、何度読んでもイメージ湧かずに、映画を見直してやっと読み進めることができました。

どこのレンタル屋さんにもDVDあると思うので、それを見てから読むとサクサク読めて多読の教材として使いやすいかもしれません。

The Pelican Brief: A Novel

The Pelican Brief: A Novel

 
The Happiness Advantage

これは訳された本あるのかな?ちょっとわかりませんが、著者のTEDの公演見て衝動買いしました。

最初の部分はTEDで話していることそのまんまなので、本当サクサク読めました。

TED見てみて気に入ったら買ってみても良いと思います。


ショーン・エイカー 「幸福と成功の意外な関係」 | Talk Video | TED.com

The Happiness Advantage: The Seven Principles of Positive Psychology That Fuel Success and Performance at Work
 
Girls In Love 

海外のティーンエイジャーが読むような本を読んでみたい!と思って買った本。まさかこれもword wise対応してるなんて。

最初がビートルズが好きな女の子の物語で、海外の中二病を垣間見ました。

Girls in Love

Girls in Love

 
 Drive

日本だと、大前研一がモチベーション3.0という邦題で出してますね。

難しい単語も多いですが、かなり多く注釈入ってます。訳本も本書も持っていますが、内容をいまいち覚えてないので、word wiseの力借りて再度読み直してみようかなと思ってます。

Drive: The Surprising Truth About What Motivates Us

Drive: The Surprising Truth About What Motivates Us

 

 

といった感じで、物語系、ビジネス系混ぜて紹介してみました。

なお、残念なことに、僕の持っている本調べですが、セクシー系の本はword wiseに対応しているものはありませんでした・・・。

煩悩とツールによる補助の2馬力で英語学習というのは、残念ながらできなさそうです。

 

なお、kindleですが、エントリーモデルがくっそ安いです。税込みで8980円から。プライム会員ならそこからさらに割引。びっくり。もちろんこの子も、Word Wiseの利用可能です。

これから洋書で英語を勉強してみようと思うのであれば、衝動買いしちゃってもいいんじゃない?と思います。

 

 

追記

反響あったので、kindleでの英語学習の説明追加しました!

英語学習最強ツールがkindleである5つの理由 - 今日学んだこと