今日学んだこと

読書感想文とか、勉強した内容とか

趣味で作ったWebサービスの投稿数100超えました!

作った当初は話題になった、今やおおっぴらにリンクが貼れなくなった某サービス。

11/3にリリースして、もう2ヶ月ほど。やっと投稿数が100の大台を超える事ができました。

※リンクがあったけど!Googleに「不健全」と怒られたので削除!*

こんな事僕が言うのもアレですが、作ってみた系の記事ってリリースの記事はよく見ても、その後の記事とか順調ですって話あんまり聞かないですよね。

作ってみたってなんでフェードアウトしちゃう?

コレ、僕が特に酷かっただけなのかもしれませんが、簡単に心折れるんですよ。主にアクセス数で。

運良くリリース記事がはてブホッテントリ入りしてアクセスがガツンとあったとしても、まーそのアクセスは続かない続かない。

ここでアクセスの推移を見てみましょう。

f:id:nakazye:20141229234439p:plain

何しようとアクセス数は下がる一方。どうにかしようと色々手を打つんだけど、あの日が戻ってくる事は無く。

一時期、アクセス数を見るのがホント嫌になった時期がありました。

改善系も、やりたいことは色々あったけど、だんだん辛くなってきて、趣味だからとサボりがちになるんですよ。

起業してやってる人が強いのは、逃げ場が無いから動き続けるしかないからなんだろうなと思いました。

モチベーションを保つ為には

心が折れそうになりつつも、なんとかメンテしたり盛り上げようと頑張ったりできてるのにはいくつか理由があると思ってます。

blogで応援してくれる人がいる

応援どころか、アドバイスまで頂いてます。ホント検索サポーターさんには何度助けられたか。

最近サイトのリニューアルをしたんですが、コレも検索サポーターさんがいなければ絶対に成し遂げられませんでした。絶対途中で心折れてました。記事中のお礼で失礼かもしれませんが、本当にありがとうございました。

 

また、他のブログさんでも、作ってみたに対して色々と言及頂いたのにもホント助けられました。


アフィリエイターがクラウドソーシングで仕事を依頼しても規約違反にならないのか? - 大学院を出たニートが名古屋で暮らすようです


Djangoのテストの書き方について勉強したのでまとめる - Programming Log


SIから非SIのIT会社へ転職しようとしてみてわかったこと - suzan2号の戯れ


ひとりグロースハック - COBOL技術者の憂鬱


最近のWEBサービス/アプリ作ってみた記事まとめ【随時更新予定】 - ぼくのかんがえたさいきょうのうぇぶさーびす

ユーザーで応援してくれる人がいる

リリースしてから少し経って、このアカウントと紐付けたTwitterアカウントを作成したんですよ。

そこで、ユーザーの方との交流も沢山ありまして。

センシティブな内容に触れる事なので、直接引用する事はしませんが

  • Twitterログイン機能があるといい
  • ランダム記事紹介があるといい(こちらは取り入れました)

といった提案や

  • もっといろんな人に広めたい(といって紹介記事をRTしてくれる)
  • 実体験あるので、コメントでアドバイスしてみようと思います(投稿紹介に対して)
  • すごくいいサイトだと思うので頑張ってください
  • 私も投稿してみますね

といった、励ましの言葉を頂いて、ホント心に染みました。

コレね、あとでも書くつもりですが、これからサービスやろうと思う人は、最初にTwitterアカウント絶対に作っておいた方がいい。

このTwitterの交流がなかったら、多分ここまで頑張れてませんでした。

 

振り返って、リリース時にやっておけばよかった事は?

Twitterアカウントの開設

コレはホント初期にやっておくべきでした。

まず、個人アカウントは別とする事で、いつもとは違うクラスタの人に積極的に絡みにいける。

もう何でもいいんですよ。「起きた」とあれば「おはよう」と返すし、「暇だ」とあれば「うちのサイトいかがっすか?」とねじ込んだりする。

コレで仲良くなった人やユーザーになってくれた人が多く、宣伝を手伝ってくれたりもする。

botと思われて即ブロックされる事もしばしばだし、フォロワー増やすのにはホント苦労してたりするんですが、ホントTwitter大事です。

リリース時のアクセスがあった時期にフォロワー増やせてたら・・・と思うとかなり悔やんでます。

OGPの設定

リリース直後が、ソーシャル系でもブログでも、話題にしてもらえる一番のタイミングです。

その時に、OGP(ソーシャルでシェアする時にリッチに表示される機能)というものをしらなかったのでコレはホント悔やまれます。

お金を払ってのコンテンツの充実

コレは僕みたいに投稿型の場合にのみ当てはまる事ですが、リリース直後は友人に書いてもらった数記事だけだったんですよ。

サクラはしたくないという思いがあってそのままスタートを切ったんですが、最初はホント記事が集まらなくて。

その後、crowdworksでライター募集をして、記事が一気に拡充したんですね。

 

大人なのでお金で解決してみよう。作ったWebサービスへの投稿をクラウドソーシングで依頼してみる - 今日学んだこと

「あ、こういう記事書いていいんだ」ってサンプルができたからか、ホント一気に拡充した。

crowdworksさん、主婦の方が多いので、旦那の愚痴が多くなってしまったのがちょっと想定外でしたが(笑)

この手法を先に取れていれば、リリース時に見てくれた人の感想、もっと言うと定着してくれる人の数が変わったんだろうなぁと思ってます。

 

 

そんな感じで、まだまだ頑張らなければいけませんが、ほんの少しだけ、軌道に乗ってきたご報告でした。

好きな考え方として「一発逆転やホームランって、現実そうそう無いし、狙うものでも無いよね」というのがあります。

また、心が折れそうになる事は何度もあるでしょうが、コツコツと頑張っていけたらと思ってます。

 

そして、この一連の記事を見て、「僕・私でも作れるかも」「何か作ってみようか」と思ってくれる人が一人でも増えたらなと思ってます。

Djangoであれば、アドバイスできることもあるかもしれないので、もし何かありましたらTwitter等で連絡してくれればと思います。