読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日学んだこと

読書感想文とか、勉強した内容とか

WebサイトのカテゴリをMECEにカテゴライズしてみる(前編)

LovePoints SEO

先日、SEOのプロの方に頂いたアドバイスの中で、「記事のカテゴリをもうちょっと具体的にして、利用者が目的の記事にたどり着きやすくなる様にした方がいいよね」というのがありました。

本ブログをちょくちょく見て頂いてる方はご存知かと思いますが、作っているものは性の悩みに関する投稿型サイト。

カテゴリを具体的に・・・と言っても、どこからかパクってくるなんていうのは前例無いので難しい。

という事で、ちょっと悩んで考えてみようというのが、今回の記事の趣旨でございます。

作ったもの

http://( Google先生が不健全と判断する様なサイト lovepointsで検索してね )

頂いたアドバイス

考えるにあたって

みなさん、MECEって言葉聞いた事あります?

MECE - Wikipedia

MECE(ミーシーもしくはミッシー、Mutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略)とは、「相互に排他的な項目」による「完全な全体集合」を意味する言葉である。 要するに「重複なく・漏れなく」という意味である。経営学、経営コンサルティングなどの領域でよく使われる言葉である。ロジカルシンキングの一手法として日本では喧伝された、運営コンサルティング社で使われているグルーピング(grouping)の原理。

マッキンゼーの本とか読んでると「ミーシー」との呼称で統一されてる気がしますが、僕が勤めてる会社では「ミッシー」と呼称してる人が多い気もします。「この資料、ミッシー感無いよね」とか怒られる感じです。

話は逸れましたが、(修正前はサービス名入れてました)での記事を新たにカテゴリ分けする際に、この「重複なく・漏れなく」というのは重要です。でないと、投稿する時、検索するときに迷ってしまう。もしくは目当てのものが無いという事態に陥ってしまう。

じゃぁどうやって考えていこうか、というときに、教科書として使われるのがバーバラ・ミント著の「考える技術・書く技術」だったりするので、今日はこちらを見ながら考えてみようかと思います。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

 

 考える上でのポイント

本には色々と書いてあるんですが、今回考える上でのポイントをいくつかまとめるとこんな感じです。

トップダウンピラミッドアプローチ

漏れなくダブりなくと考えた際に、一番考えやすいのがこちらです。

トップダウンで考えて細分化していく。

パソコンを分類するときに、今あるパソコンを集めてそこから分類を考えるより、デスクトップPC/ノートPCとまず大きく分類し、そこからOSで分類したり、スペックで分類したりと考えていった方が考えやすい という考え方です。

マジックナンバー7

人間、頭に入ってくるのって7つが限界だよね という法則。コンサルティング会社だと、もっと絞って3つにまとめたがります(うちの会社だけじゃないと思ってる)。

カテゴリーを作るにしても、7つ以上になるとよくわからなくなる。

ので、主カテゴリー、主の下に紐づく副カテゴリーそれぞれ最大7つに抑えようと思います。

 縦の関係と横の関係

ばっくり言うと、ピラミッド階層作ったとして、その縦の関係と横の関係のレベル感ズレてるとよくわからん事になるよね というお話。今回は主カテゴリと副カテゴリの2階層で考えてますが、その階層毎のレベル感が崩れない様に注意する必要あるよね というのは頭に入れておく必要があります。

さっそく考えてみよう!

といってもなかなか難しい。カテゴリ分けって正解があるわけじゃなくて、あくまでも切り口の一つなんですよね。人を性別で分けるというのも正しい分け方だし、年齢で分けるのも正しい分け方だし、人種で分けるのも正しい分け方だし、と。

今回の場合は、「投稿者目線で考えるか」「閲覧者目線で考えるか」が大きなポイントとなってくるのかなと思ってます。

投稿者目線で考えると、主となるカテゴリの一つに「質問」というのが欲しい。ただし、閲覧者目線からすると、質問の結果導き出された答えか、それとも投稿者の完結したノウハウなのかはあまり意識しない。

今のカテゴリはどちらかというと閲覧者目線なんですよね。

※※サイトの画像張ってたけど削除※※

で、悩んだ結果、質問についてはどんな話題にも出てきうる話だし、タグとして設定していただく方向で、カテゴリには加えない方針。つまり、新カテゴリについても、閲覧者目線でいこうかと思いました。

 

考えた結果はこちらです!と紹介できればいいんですが、まだまだ悩み中だったりします。まだちょっと時間がかかりそうなので、結果については後編として紹介できればなと思ってます。

 

>>今一生懸命改善を加えてる、最近作ったWebサービス

http://( Google先生が不健全と判断する様なサイト  lovepointsで検索してね)

投稿はちょいちょいあるのですが、コメントが減少気味でピンチです。ご利用お待ちしてます!